「林泉酔我 一入忘歸」

日本人の自然崇拝の精神が込められている。それが日本庭園である
Mind of the Japanese nature worship is put。It is a Japanese garden

 

所在地 Address

徳島県美馬市穴吹町三島字小島123

TEL/FAX 0883-52-2754

JR穴吹駅より車で10分 小島駅より徒歩15分/徳島自動車道 脇町ITより車で20分

「林泉酔我 一入忘歸」

日本人の自然崇拝の精神が込められている。それが日本庭園である
Mind of the Japanese nature worship is put。It is a Japanese garden

 

所在地 Address

徳島県美馬市穴吹町三島字小島123

TEL/FAX 0883-52-2754

JR穴吹駅より車で10分 小島駅より徒歩15分/徳島自動車道 脇町ITより車で20分

「林泉酔我 一入忘歸」

日本人の自然崇拝の精神が込められている。それが日本庭園である
Mind of the Japanese nature worship is put。It is a Japanese garden

 

所在地 Address

徳島県美馬市穴吹町三島字小島123

TEL/FAX 0883-52-2754

JR穴吹駅より車で10分 小島駅より徒歩15分/徳島自動車道 脇町ITより車で20分

本楽寺は、仁明天皇の828年3月 僧 恵運 が真言の道場として開創したといわれています。

空海入定が835年ですので真言密教の全盛期だったといえます。

阿波誌によると「願勝寺と共に諸寺を管す」とある通り、貞光・一宇・祖谷山に至るまで末寺十三カ寺を有していたそうです。寺は高丸山(標高740.9m)が吉野川に張り出した地点にあって天然の要害となるため戦国時代は城砦に利用されたという。

本堂(阿弥陀堂)には、蜂須賀正勝公御室『大匠院殿』並びに稲田家累代の霊位を祀る。蜂須賀公の家紋が卍(マンジ)の為、本堂(阿弥陀堂)の紋も卍となっている。当寺以外にも蜂須賀公を祀る寺は9カ寺ある。

本尊である阿弥陀如来は、高さ1メートルの木造坐像。京都博物館の毛利技官に鑑定してもらったところ「平安末期の作」とわかった。

本堂(阿弥陀堂)
崖造りで木材は青森産ヒバを使用、屋根は銅版
天神社
このお社は、四国八十八ヶ所霊場の70番札所である本山寺境内にある鎮守堂を模写したもので少しアレンジを加えている。
護摩堂
この護摩堂は、愛媛県にある四国八十八ヶ所霊場の五十一番札所愛媛県松山市にある石手寺の護摩堂を参考にしたものです。
鶴亀之庭
吉野川を借景にした枯山水です。
精進料理
肉・魚を一切使わない料理です。
器
器は料理の着物である。
忘帰庵
茶室
十畳と四畳半の茶室があります。利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。「一期一会」

本楽寺は、仁明天皇の828年3月 僧 恵運 が真言の道場として開創したといわれています。

空海入定が835年ですので真言密教の全盛期だったといえます。

阿波誌によると「願勝寺と共に諸寺を管す」とある通り、貞光・一宇・祖谷山に至るまで末寺十三カ寺を有していたそうです。寺は高丸山(標高740.9m)が吉野川に張り出した地点にあって天然の要害となるため戦国時代は城砦に利用されたという。

本堂(阿弥陀堂)には、蜂須賀正勝公御室『大匠院殿』並びに稲田家累代の霊位を祀る。蜂須賀公の家紋が卍(マンジ)の為、本堂(阿弥陀堂)の紋も卍となっている。当寺以外にも蜂須賀公を祀る寺は9カ寺ある。

本尊である阿弥陀如来は、高さ1メートルの木造坐像。京都博物館の毛利技官に鑑定してもらったところ「平安末期の作」とわかった。

本堂(阿弥陀堂)
崖造りで木材は青森産ヒバを使用、屋根は銅版
天神社
このお社は、四国八十八ヶ所霊場の70番札所である本山寺境内にある鎮守堂を模写したもので少しアレンジを加えている。
護摩堂
この護摩堂は、愛媛県にある四国八十八ヶ所霊場の五十一番札所愛媛県松山市にある石手寺の護摩堂を参考にしたものです。
鶴亀之庭
吉野川を借景にした枯山水です。
精進料理
肉・魚を一切使わない料理です。
器
器は料理の着物である。
忘帰庵
茶室
十畳と四畳半の茶室があります。利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。「一期一会」

本楽寺は、仁明天皇の828年3月 僧 恵運 が真言の道場として開創したといわれています。

空海入定が835年ですので真言密教の全盛期だったといえます。

阿波誌によると「願勝寺と共に諸寺を管す」とある通り、貞光・一宇・祖谷山に至るまで末寺十三カ寺を有していたそうです。寺は高丸山(標高740.9m)が吉野川に張り出した地点にあって天然の要害となるため戦国時代は城砦に利用されたという。

本堂(阿弥陀堂)には、蜂須賀正勝公御室『大匠院殿』並びに稲田家累代の霊位を祀る。蜂須賀公の家紋が卍(マンジ)の為、本堂(阿弥陀堂)の紋も卍となっている。当寺以外にも蜂須賀公を祀る寺は9カ寺ある。

本尊である阿弥陀如来は、高さ1メートルの木造坐像。京都博物館の毛利技官に鑑定してもらったところ「平安末期の作」とわかった。

本堂(阿弥陀堂)
崖造りで木材は青森産ヒバを使用、屋根は銅版
天神社
このお社は、四国八十八ヶ所霊場の70番札所である本山寺境内にある鎮守堂を模写したもので少しアレンジを加えている。
護摩堂
この護摩堂は、愛媛県にある四国八十八ヶ所霊場の五十一番札所愛媛県松山市にある石手寺の護摩堂を参考にしたものです。
鶴亀之庭
吉野川を借景にした枯山水です。
精進料理
肉・魚を一切使わない料理です。
器
器は料理の着物である。
忘帰庵
茶室
十畳と四畳半の茶室があります。利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。「一期一会」