食の神髄

『精進』という言葉は、六波羅蜜(6つの悟り)の中に“布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧”とある言葉の中の“精進”である。精進とは“努力すること”を意味します。精進という言葉は経典の中にも見られ、『遺教経』に、もし勤めて精進すれば、則ち事として難きものなし。是故に汝等まさに勤めて精進すべし、たとえば少水の常に流れて則ち能く石を穿つが如し。もし行者の心しばし懈癈すれば、たとえば鑚るに未だ熱からずして息めば、火を得んと欲するといえども、火を得ることが難きが如し。これを精進と名づく」とある。仏道において精進とは悟りを見極める大きな過程の1つである。この『精進』の実践方法の1つに、美食を戒め、粗食であれということである。

食の神髄

『精進』という言葉は、六波羅蜜(6つの悟り)の中に“布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧”とある言葉の中の“精進”である。精進とは“努力すること”を意味します。精進という言葉は経典の中にも見られ、『遺教経』に、もし勤めて精進すれば、則ち事として難きものなし。是故に汝等まさに勤めて精進すべし、たとえば少水の常に流れて則ち能く石を穿つが如し。もし行者の心しばし懈癈すれば、たとえば鑚るに未だ熱からずして息めば、火を得んと欲するといえども、火を得ることが難きが如し。これを精進と名づく」とある。仏道において精進とは悟りを見極める大きな過程の1つである。この『精進』の実践方法の1つに、美食を戒め、粗食であれということである。

食の神髄

『精進』という言葉は、六波羅蜜(6つの悟り)の中に“布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧”とある言葉の中の“精進”である。精進とは“努力すること”を意味します。精進という言葉は経典の中にも見られ、『遺教経』に、もし勤めて精進すれば、則ち事として難きものなし。是故に汝等まさに勤めて精進すべし、たとえば少水の常に流れて則ち能く石を穿つが如し。もし行者の心しばし懈癈すれば、たとえば鑚るに未だ熱からずして息めば、火を得んと欲するといえども、火を得ることが難きが如し。これを精進と名づく」とある。仏道において精進とは悟りを見極める大きな過程の1つである。この『精進』の実践方法の1つに、美食を戒め、粗食であれということである。

精進料理とは

 

仏道において精進とは、悟りを見極める大きな過程の1つである。

 

この『精進』の実践方法の1つに、美食を戒め、粗食であれということがある。つまりは、魚介肉類を食べずして、野菜、海草、根菜の類にしなさいという事

 

当寺では、五味、五法、五色を基本とし、更に器や盛り付け、庭園を含めた鑑賞をしながら食べる料理となっております。眼で舌で心で春夏秋冬を味わっていただきます。

さあ、のぞいてみよう。

 

自分たちの生活を考える。自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かをデザインすること。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。デザイナーの考えるひとつひとつの未来をデジタルステージはつくっていきます。

さあ、のぞいてみよう。

 

自分たちの生活を考える。自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かをデザインすること。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。デザイナーの考えるひとつひとつの未来をデジタルステージはつくっていきます。