一期一会

利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。

当寺の茶室は十畳と四畳半があります。

※茶事、茶会、お稽古など用途に応じて茶室をお貸し致します。

4畳半
佐藤泰徳氏が建築。齋藤忠一氏が監修
10畳
庭を見渡すことができる茶室です。
路地
路地の作庭は齋藤忠一氏

一期一会

利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。

当寺の茶室は十畳と四畳半があります。

※茶事、茶会、お稽古など用途に応じて茶室をお貸し致します。

4畳半
佐藤泰徳氏が建築。齋藤忠一氏が監修
10畳
庭を見渡すことができる茶室です。
路地
路地の作庭は齋藤忠一氏

一期一会

利休が建てた不審庵も四畳半で茶室の基本的な広さになっています。茶道では気の合う人が集い互いに雰囲気を読みながら場を作り上げます。

当寺の茶室は十畳と四畳半があります。

※茶事、茶会、お稽古など用途に応じて茶室をお貸し致します。

4畳半
佐藤泰徳氏が建築。齋藤忠一氏が監修
10畳
庭を見渡すことができる茶室です。
路地
路地の作庭は齋藤忠一氏

おもてなし

[Hospitality]

おもてなしは、「もてなす」の名詞形「もてなし」に接頭語の「お」がついたものです。

「もてなす」は、更に「もて」と「なす」に分解できます。なす(成す)は「する」「事をし遂げる」という意味です。

この場合の「もて」は、「意識的に行う」という意味を添えています。

利休の目指した茶道は客を「神様」のように扱ってもてなす」のではありません。客も亭主も対等な関係、共によい茶会ひと時を作りあげようというものでした。

「底ひなき心の内を汲てこそ、お茶の湯なりとはしられたりけり」 豊臣秀吉

「茶の湯とは只、湯をわかし茶をたてて、呑むばかりなりものと知るべし」 千利休

おもてなし

[Hospitality]

おもてなしは、「もてなす」の名詞形「もてなし」に接頭語の「お」がついたものです。

「もてなす」は、更に「もて」と「なす」に分解できます。なす(成す)は「する」「事をし遂げる」という意味です。

この場合の「もて」は、「意識的に行う」という意味を添えています。

利休の目指した茶道は客を「神様」のように扱ってもてなす」のではありません。客も亭主も対等な関係、共によい茶会ひと時を作りあげようというものでした。

「底ひなき心の内を汲てこそ、お茶の湯なりとはしられたりけり」 豊臣秀吉

「茶の湯とは只、湯をわかし茶をたてて、呑むばかりなりものと知るべし」 千利休

おもてなし

[Hospitality]

おもてなしは、「もてなす」の名詞形「もてなし」に接頭語の「お」がついたものです。

「もてなす」は、更に「もて」と「なす」に分解できます。なす(成す)は「する」「事をし遂げる」という意味です。

この場合の「もて」は、「意識的に行う」という意味を添えています。

利休の目指した茶道は客を「神様」のように扱ってもてなす」のではありません。客も亭主も対等な関係、共によい茶会ひと時を作りあげようというものでした。

「底ひなき心の内を汲てこそ、お茶の湯なりとはしられたりけり」 豊臣秀吉

「茶の湯とは只、湯をわかし茶をたてて、呑むばかりなりものと知るべし」 千利休